切迫早産ママへ誰よりも寄り添いたい

産前から産後までのケアが必要だと伝えたい

 

突然、切迫早産と言われて…

 

赤ちゃんが早く生まれたらどうしよう!
急な切迫早産での入院や、自宅安静のマタニティライフに
不安やストレスを抱える切迫早産ママ
そんなママを支えるパパやご家族へ
誰よりも切迫早産ママに寄り添う助産師 tomomiがしっかりサポートします!

※切迫早産とは、妊娠22週0日から妊娠36週6日までの妊娠中に

「子宮収縮(お腹の張りや痛み)が規則的にあることや、子宮頸管の開大・展退度に進行がみられる場合

あるいは、初回の診察で子宮頸管の開大が2センチ以上となっている」状態のことです。
私は、2006年に助産師免許取得。これまで約10年間2カ所の周産期施設での助産師経験があります。
これまで、様々な背景を持つ妊婦さんとご家族。
そして、多くの切迫早産入院で悩むママたちと出逢ってきました。
自分自身も妊娠・出産し、現在は自治体勤務で3年が経過し、
地域で新生児訪問や乳幼児健診などの母子保健のお仕事をしており、母子手帳交付もしています。
その業務に携わることで、沢山のプレママ・産後のママと直接話す時間を通じて
気づいたことがあったんです。
切迫早産と診断されて病院に入院したり
自宅安静に耐えながら頑張っているママたちが、
その不安をSNS上で発散できていても
直接リアルタイムに助産師に相談できる環境が整っていないなって。
妊娠中にかなり大きなストレスがあったはずなのに
相談できないまま身体もココロも不安の放置状態となったまま
何事もなかったように出産や育児をスタートしているんです。
2020年〜コロナの影響で、
妊婦健診の短縮されたり、入院中のや家族の付き添いが制限されるなど
産前産後の両親学級や立会い出産も中止にせざるを得ない病院も多くなっています。

そのため、ここ最近ではオンラインによる助産師相談も増えてきました。

 

 

ですが…

入院中のママは、忙しく現場で働く医療者にはなかなかゆっくり相談できないのが現実です。

さらに

自由のきかない切迫早産ママたちは、ベッドの上でスマホから情報収縮するしかない中、

いまだに病院内ではwi-fi制限が厳しい場合があったりと、

何かと不便な環境に不安になってしまいがちなママが増えています。

 

 

もっと自由に情報収集できる環境がほしい・・・

気軽に不安を相談できる相手が近くにいてほしい・・・

 

せっかくオンラインが日常になっているのに、

切迫早産に詳しい助産師と繋がれていないってすごく勿体ないです!

 

 

日本における早産は全妊娠の約5〜6%です。
このうち、実際に切迫早産と診断されていた割合はご存知ですか?
実は…
調査されていないんです…!!!

せっかく妊娠して赤ちゃんを授かったのに、

 

たくさんの制限がある生活をしながら、大切な家族に会えないままで過ごす

 

マタニティライフがつらい記憶ばかりでは寂しいですよね

 

 あなた自身も、こんな事を思ったことはありませんか?

・切迫早産の診断から、仕事を退職(早期産休入り)することになり、消化不良でモヤモヤする

・思い描いていたマタニティライフを過ごせず、楽しくない

・切迫早産の安静って、一体どの程度なのかわからない

・入院中や安静中の不安や知りたい疑問を誰に相談していいかわからない

・せっかく時間があるのだから、産前産後の有益な情報を知りたい

・母乳育児や授乳のこと、万が一に備えて、搾乳方法など知っておきたい

・切迫早産で里帰りになり、夫と相談したいことを共有できていない

・離れている上の子や家族への気持ちや、退院後の生活についても知りたい

 

 

私は、病院の現場で助産師として、24時間点滴の副作用や、心身ともにストレスや制限のある中で、

赤ちゃんの為に頑張るママを胸が痛いほど見てきました。

また、SNSを通じて、毎日頑張っている切迫早産ママたちを沢山みてきましたし

ご縁があって、何人かの方から相談を受け、

「誰にも聞いてもらえない・言えない辛さ」に苦しむママが多いことも知っていました。

私がどうしてここまで、助産師として切迫早産のことを伝えているのか???

 

それは…

 

実際に、私自身が切迫早産を経験した2児の母だからなのです。

 

 

 

1人目は4ヶ月(妊娠期間のほとんど)長期入院と子宮収縮抑制剤による副作用で母体搬送。

 

35週まで治療し、点滴中止したその夜に36週0日で息子が誕生しました。

 

2人目は子宮頸管縫合術をし、上の子をみながら自宅安静からの入院。

 

入院先での破水から母体搬送となり、31週3日1300g台の娘が誕生しました。

 

産後も、落ちた筋力の中での搾乳や、NICUへの面会での寂しさ、

 

その後も、切迫早産での経験をずっとずっと抱えながら育児をしていました。

 

そして、、、

 

「いつかこの経験を、私と同じように切迫早産で悩むママたちのために、

サポートという形で伝えていきたい」と思うようになりました。

 

 

助産師として妊娠・出産・産後・育児に関する知識に強いだけでなく、

 

切迫早産の経験もある私は、誰よりもその気持ちが理解できます。

 

また、

 

切迫早産ママたちが不安や知りたいことを相談しやすいだけではなく、

 

自分の身体や心を自身でケアできるなど、

 

ママだけでなく、パパも、赤ちゃんやご家族もhappyになれるようなことを

 

自ら実践したいと思ったのです。

 

その気づきから、産前だけでなく、産後もママをサポートできるようになりたいと、

 

ヨガ哲学やベビーマッサージなど、助産師以外の資格を取得しました。

 

 

 

そして、産後のママのサポートをする機会をつくり、

切迫早産ママが産後にどんな不安を抱えているかと向き合ってきました。

 

また、助産師はじめ、医療者にも発信しており

 

切迫早産に関する正しい知識と最新の産科・助産に関するセミナーに出席したり

 

自ら参画してイベントを企画するなど、学びのブラッシュアップをしています。

 

 

 

2020年から始めた無料相談が少しずつ認めてもらえて、ありがたいことに

 

助産師さんからの紹介や、切迫卒業ママからの口コミなどから広がってきました。

 

また、出版社から活動について聞いてもらえたり、企業様から助産師相談の依頼を受け始めています。

 

 

 

このような活動を経て、ようやく

 

オフラインとオンライン、両方を叶えるカタチでの

 

切迫相談ママへの個別相談を叶えることができるようになったのです!

 

 

特徴1. 初回限定▷30分無料カウンセリングつき

 

特徴2.   助産師歴16年の私がサポートします。

 

特徴3.  個別カウンセリングから、一歩進みたくなる!

 

特徴4.   両親学級やバースレビュー優先特典あり(別プラン)

 

特徴5.  安産につながる呼吸法と寝ながらできるヨガポーズの資料つき

 

 特徴1. 初回限定▷30分無料カウンセリングつき
誰だってお互いに全く知らない状態では、緊張してうまく話したいことも伝えられなかったりしますよね。
そんな方のために、私の相談では事前にヒアリングシートを活用し、あなたのことを伺います。
自己紹介やご自分や家族のことまで、ここでは切迫早産に関係ないことも、
気にせずにお時間を活用ください。
特徴2.   助産師歴16年の私がサポートします!
私は病院で約10年間、産婦人科と小児科での実務経験があります。
助産師さんに、病院への不満を言っちゃまずいかな…?といった遠慮はいりません。
それぞれの病院の治療内容や切迫早産管理が異なることは本当に不安でしょう。
切迫早産のママに特有の、入院中・自宅安静中に抱えている不安な気持ちをしっかりと話せるよう、
「あなた専属の助産師」となってしっかりと寄り添います。

 

 

 

 

特徴3.   個別カウンセリングから、一歩進みたくなる!
ご自身の悩みを打ち明けることができたら、そのあとに、もっと前向きになれているあなたがいるでしょう!
『悩みが解決できたら、くよくよしていた時間がもったいないと価値観が変わった』

『助産師さんに、こんなに気軽に聞いてもらえるなんてビックリした』と、喜びの声が続々と届いています。

 

 

特徴4.   両親学級やバースレビュー優先特典あり(別プラン)
パパと受けられる両親学級と、お産の振り返りをするバースレビューの2つのメニュー
どちらにでも利用可能な割引クーポンを発行します。
継続して利用した場合でも、その都度クーポンを発行しますので、長期的に繋がれます。
特徴5.  安産につながる呼吸法と寝ながらできるヨガポーズの資料つき

日本マタニティヨーガ協会によるベーシックコース修了

 

日本アタッチメント育児協会によるアタッチメント・ヨガインストラクターから

 

妊娠中や産後の女性の体に関する解剖学的根拠に基づきながら、

 

また、母子の愛着形成を促進できるskin to skinの効果をお伝えしながら

 

リラックス中心の優しい内容になっていますので

 

切迫早産ママにとって心身ともに安心できて、日常に取り入れやすいセルフケア方法をお伝えしています。

 

 助産師tomomiへの個別相談を利用してみると・・・

 

・自分の悩みが解消され、より安心してマタニティライフを過ごせる

 

・言葉に出すことで、葛藤した気持ちを整理でき、新しい自分に気づくことができる

 

・切迫早産に関する不安を、助産師や医師、家族にも打ち明けやすくなる

 

・お腹の赤ちゃんへの語りかけや、呼吸法が上手になる

 

・切迫早産ママで赤ちゃんを守っている自分を誇りに持ち、自己肯定感がupする

 

・何より、出産や産後が楽しみになる!

 

実際に、個別相談を利用した切迫早産ママたちはこんな風に効果を実感されています。

 料金とプラン
60分 個別相談(単発)= 6,000円 (zoomというアプリを使用します)
初回 30分カウンセリング(30分無料)がオプションでつきます。
また、入院中の場合などで難しい場合はメールやDMでの相談となります。
60分+30分=90分で 6,000円になります
あなたはご自分のメンテナンスに
美容室、スキンケア、ネイルケアなどにどのくらいお金をかけていますか?
かけた料金分のセルフケアできて、継続してずっと活かせていますか??
個別相談は安心できる資料もついていますから
ただ話を聞いてもらうだけでは終わりません!
心のトリートメントができるだけではなくて、ちゃんとした知識と自信を持って

産前産後を過ごすことができるのです!!!

 

 お申し込みの流れ
ステップ❶ お申込み

お申込み後、確認のメールを送らせていただきます。
確認メールを送らせていただいた時点でお申込み完了となります。

ステップ❷ お支払い

料金は指定口座までお振込みをお願いします。
※分割払いご希望の方はご相談ください。

ステップ❸ ヒアリング

ヒアリングシートに記入いただいたあと、初回の方はカウンセリング(30分)を行います。

ステップ❹ 個別相談日の調整(基本的にはヒアリングと別日で設定)

相談希望日時を3つ程度あげていただき、その場で個別相談日と時間を決めます。

ステップ❺ 個別相談

個別相談を対応させていただきます。

 

 

 最後に、、、、

 

1人でも多くの切迫早産ママを取り残さない、

 

そんな助産師によるケアサポートを

 

たくさんの人に受け取ってもらいたいと思います