ブログ

ちょっと一息。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ママの声
  4. お産の振り返りをする

お産の振り返りをする

「あなた専属」
助産師
💠babytomokids💠
赤坂智美です
切迫&NICUママたちが
笑顔で繋がれる
ケアサポートをしています。
🌸バースレビューママの声🌸

先日オンラインで

ご予約いただき
お産の振り返りをしたKさん。
ご本人様からぜひにと
言っていただいたので
こちらにご紹介します。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『今日はありがとうございました。       
妊娠、出産、育児と私にとってはまさかの連続です。
妊娠中まさかの出血。出産まさかの帝王切開に、娘のNICU入院に、私の産後の再入院。   
誰かにわかると共感してもらいたくて色んなイベントにいきました。               
でも急にこんな重い話をされたら…と思うとなかなかできませんでした。 
だから今日、助産師のともみさんに、わかるわかると言われて嬉しいといったらおかしいけど
納得してる私がいました。               
そして初めて会ってから母子共の変化を知ってもらえてるのが嬉しいです。
今を大切に家族で成長していきたいと思います。
そんなことを改めて思ったバースレビューでした。
そんな成長を見守ってくださいね。』
コロナでなかなかお会いできませんが、
実は、Kさんはベビマレッスンや
子連れヨガにも毎回参加してくださっていました。
赤ちゃんの時期から肌で触れ合い、語りかけ、スキンシップを楽しくしています。
Kさんにとって、
そんなリラックスした時間が
心のドアを開くきっかけになっていたら嬉しいです。
まずはママが自分自身を認めて、
大切にすることが
お腹に赤ちゃんがいる時から
絶対必要。
そんなことを助産師として
ママと一緒に気持ちを共有しながら
ケアサポートをしています。
誰でもいいわけじゃいい。
           経験しているママだから 
しあわせなお産の現場の裏側で
様々な命にまつわる1人1人の劇的ドラマが
現場では涙もたくさんあることを知っている
助産師が相手であるから 
  私にだから話せることが  
あると思います。
バースレビューとは、、、

自分の出産体験を振り返る

『お産の振り返り』作業です。
実は、とても繊細な部分もあります。
ママたちは赤ちゃんと離れていることで
心が不安になりやすいです。
私自身も助産師で2児の母ですが、
2人とも切迫入院の末に
早産で出産し、NICU入院で
医療児ケアに大変お世話になりました。
出産後は、
抱っこできないこと、
会えないこと、
私だけでなく、
夫も家族もただただ不安でした。
周りのママたちとは、
なかなかこの気持ちを共有できずにいて、
産後もしばらくそれは続きました。
▽▽▽▽
同じような経験をされた方と話したい。
ずっと思っていました。
このコロナの影響でますます
ママたちの不安は高まっているのでは。
ママたちの心のケアにつながりますように。
・本当はもっとこうしたかった。
・自分はあのとき必死で覚えてないけど、
・あの時の処置、あれは一体なんだったの?
・あの時言われた言葉の意味って?
・早く産まれてきて、本当にこわかった
・とってもとっても大変でした!!!など。。。
本来であれば、分娩介助した助産師が話を伺うのが
理想ですが、直接いいにくい、などという
ママの意見もわりと多く聞かれます。
大丈夫!
全部聞かせてもらいます。
頑張った自分をちゃんと認めていきましょうね。
▼▼▼▼
これからも
ママたちをサポートしたいです💠
ママ1人の力では
どうにもならなくて
パパや子どもや
家族の存在みんなが
協力しあうことと
サポートしてくれる
専門職の存在が
ぜーんぶぜーんぶ必要。
#助産師#埼玉県#妊娠#出産#低出生体重児#子連れ#バースレビュー#お産の振り返り#育児相談#0歳児#産後#プレママ#切迫早産#子育て#母親学級#ベビー#パートナーシップ#ヨガ#my助産師#切迫早産で入院#カウンセリング#コーチング#自己受容#子宮頸管無力症#MeetstheMidwife#切迫流産#切迫早産で安静#NICU#GCU#愛着形成
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事